« DB2のFedelatedサーバーチューニング | トップページ | HTMLでテーブルの改行なし »

JRockitでVMモニタリング

BEAのJVM JRockItには、モニタリングツールがついている。(とのことで)
軽く使い方を調査。

まずモニターの対象は、JavaのJMX仕様MBeanであり、本来はアプリ実装者がモニター用のMBeanをアプリ内に実装しそれをTomcatなどの管理コンソールに登録して使用するかたちとなる。
ただ、VM内にもリソース関連を調査するためのMBeanが用意されておりJRockitの場合は、ドキュメント内で紹介されている。

手順1:アプリケーション(今回はTomcat)起動時に  -Xmanagement オプションをつけて実行する
Tomcatの起動コンソールに下記が表示されればOK(ログにも出ます)ポートなどを変えたい場合は、ドキュメントに載ってますのでそちらを見ち。
[JRockit] Starting remote JMX connector on port 7091.
[JRockit] Remote JMX connector on port 7091 ready.

手順2:JRockit Management Consoleを立ち上げる
Windowsなので、Win環境での手順ダス。コマンドプロンプトから、
> java -jar /JROCKIT_HOME/console/ManagementConsole.jar
を実行

手順3: connectionsメニューよりNew Connectionを作成
これは、下記画像のように接続先のサーバー(IPでいいと思います)と適当な?ユーザー名(パスワードを設定する場合はパスワードも)
addボタンを押せばOK

Jrockitmonitro

 

Memoryとかサクサク見れて、おまけに実行中のHeapサイズの変更も可能(だけど縮小して大丈夫のかはなぞw)CPUの使用率や、GCの実行もできるようです。
便利ですねぇ。。

Jrockitmonitro2


powered by performancing firefox

|

« DB2のFedelatedサーバーチューニング | トップページ | HTMLでテーブルの改行なし »

「Javaの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120118/3938066

この記事へのトラックバック一覧です: JRockitでVMモニタリング:

« DB2のFedelatedサーバーチューニング | トップページ | HTMLでテーブルの改行なし »