« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

報告書作成のロジックパターン

雑誌ITアーキテクトの連載の記事が大変参考になったので備忘録としてカキコ

1.問題解決パターン

    問題の解決・対策提示用のパターンであり、以下の構成になる

    問題の明確化->要因の特定->対策の立案

  結構オーソドックスなパターンだと思うが、何気なく報告書を書いたりするとこのパターンすら守れていない状況になることが多々ある。問題を定義してそれに対して、その原因を明記、最終的に解決方法や施策の提示をすることで、読み手に対して納得感を与えることができる。

2.分割統治パターン

    目標達成までの手順を説明するためのパターンであり以下の構成となる。

  目標の明確化->小目標への展開->施策の実施->実施結果の評価

  目標や課題を達成しやすい小問題に分割しそれぞれの小目標に対する施策を実施することで大問題の解決、目標の達成手順を明確にする。このパターンは、難しい問題の解決にあたって基本となるし、目標を仮説として扱うこともできる。注意点は、小目標を解決すると上位の目標が解決されるような構成にする必要がある。


3.PDCAパターン

  実行結果からその後の進め方を決めるようなときに用いるパターンであり以下の構成となる。

  計画の提示->実施項目の提示->実施結果の評価->改善案の立案

  P:Plan(計画)
    D:Do(実行)
    C:Check(検証)
    A:Act(改善)
 
    活動結果の報告や定期的な報告で使えるらしい。

・3パターンの組み合わせも可能
・項目の洗い出しは、MECE(ミッシー)
・フレームワーク:3C,SWOT分析
などなど、ここから先は、まあ難しい話であるのと、ただのパクリ記事になってしまうので書きませんがこの3つのパターンで文章を書くとなんかそれっぽい文章になるからいいです。

あとは、実践を繰り返してモノにするしかないですね。

   
   


powered by performancing firefox

| | コメント (66)

Oracleのバッファヒット率計算式

ちょっと備忘録的

@IT:Oracleパフォーマンス障害の克服(5) Page 1/3

データベース・バッファ・ヒット率=
  1 -(physical reads / (consistent gets+db block gets))


powered by performancing firefox

| | コメント (0)

Oracleデータベースチューニングの裏技?

Oracle9i(10g)でもかなり有効だと思われるチューニング方法を教えていただいたので備忘録的エントリー。

下記SQLのように1テーブルの限られたフィールドのみで生成されるSQLでは、普通にWhere句に索引を作っただけではパフォーマンスに限界がある。
そこで、Select句とOrder by のフィールドと合わせて複合索引を作成することでかなりのパフォーマンスアップが期待できる。

Select data_field from table_xxx where data_type = 'A' order by create_date ask;

create index IDX_TABLEXX_F_T_C ON table_xxx (data_field,data_type,create_date) TABLESPACE %INDEX用表領域% などなど;

実際に上記SQLで、data_typeのみの索引では2分かかっていたが、上記索引では10秒弱となった。




powered by performancing firefox

| | コメント (0)

テーブルの枠線

Firefoxでは、枠線が表示されないがなぜかIEでは、表示されてしまうという現象が発生。そこでスタイルシート(以下CSS)の設定をチェック。

    width: 100%;   
    table-layout: fixed;
    padding: 0px;
    border-style:none;
    border: 0px;
    color: #000000;
    text-align: left;
    background-color: #666666;
    border-spacing: 0px;
    border-color: #E0E0E0;
    border-width: 0px;


border要素は指定していたが、noneになっている。。border-spacingも0pxにしているし枠線が表示されるはずはないとおもっていたが、、原因は、background-color。。。

背景色はセルに指定しないとテーブル全体の背景に設定されていてそれをセルの隙間からのぞくかたちで見えていたということだったらしい。。

スタイルのはまりってむなしい感じがなんともいえませんね。。




powered by performancing firefox

| | コメント (0)

ウィンドウを透明にするツール

このツールを使うとウィンドウを透明にし後ろに表示されているデスクトップを
見ることができます。

デュアルディスプレとか使っていない場合に画面をいちいち切り替えながら作業
しなければならない状態から開放されます。

Futurer.net




powered by performancing firefox

| | コメント (0)

EntityRefButtonプラグイン

Idea*Ideaで紹介されていた、MTのプラグインを導入してみることに。
このプラグイン何のためのプラグインかというと、ブログにHTMLタグをコピーしたり記述したりした際に<を<といった具合に特殊文字を実体参照に変換するためのものです。

EntityRefButtonプラグイン

早速自分の家のblog(MT)にインストールすることに。
インストール手順は、上記URLにのってます。
が簡単なので軽く書きますと、

1.EntityRefButton.tar.gzをダウンロード
2.tar zxvf で解凍
3.解凍されたフォルダ内のpluginディレクトリ内のフォルダをMTのpluginディレクトリにコピー
4.同じく解凍されたフォルダ内のmt-static/pluginディレクトリ内のフォルダをMTのmt-static/pluginにコピー
5.編集画面に「&」ボタンが表示されていることを確認

といった感じ。



powered by performancing firefox

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »