« 索引の作成について | トップページ | ターミナルサービスのセッション設定 »

表ロックの備忘録


表ロックを行う必要がありちょっと調べたので備忘録。

Lock用のSQLは、トランザクション内で用いトランザクションをコミット、ロールバックすると
ロックが開放される。(Oracle,PostgreSQL)

SQL方言は、この2つのDBは基本的に同じらしい。

LOCK [ TABLE ] name [, ...] [ IN lockmode MODE ] [ NOWAIT ]
(WAITの設定が、Oracle側にあるかは不明。。)

lockmodeは、下記のようにあるがOracleとPostgreSQLで同じように扱えるのは、下記。
ROW SHARE | ROW EXCLUSIVE | SHARE | SHARE ROW EXCLUSIVE | EXCLUSIVE

PostgreSQLには、それ以外に
ACCESS SHAREACCESS EXCLUSIVESHARE UPDATE EXCLUSIVE
というモードがあるらしい。


--PostgreSQL

LOCK

--Oracle


表ロックの種類と相互関係 - Oralce/オラクルをマスターするための基本と仕組み

Powered by ScribeFire.

|

« 索引の作成について | トップページ | ターミナルサービスのセッション設定 »

「Oracleの話」カテゴリの記事

「PostgreSQL(PowerGres)の話」カテゴリの記事