« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

SynergyでCtrl+Alt+Del


キーボードとマウスを共有できるSynergyというアプリを教えていただいた。
さっそく使ってみたところ、Windows同時だけではなく、LinuxやMacOSXとも連動してOSをまたいでキーボードとマウスを操作でき非常に便利。

いままでWindows間でDOKODOORというシェアウェアを使っていて、それはそれで凄く便利だったのですが、Synergyを使えばLinuxとも連携できクリップボードも共有してくれるため、コピペもできてしまうため、乗り換えることに。

OS起動時に自動起動するようにしておけば、Windowsのログインから手元のキーボードで操作ができるとのことでやってみた。

Ctrl+Alt+Del ・・・・あれ、、サーバー側(キーボードとマウスが物理的に接続されているマシン)でタスクマネージャ起動画面が表示されてしまう。。
これでは、ログイン画面上でマウスは動かせても、パスワード入力の画面に遷移できない。。

調べてみると、Ctrl+Alt+Pauseを押すことでリモート上のCtrl+Alt+Delキーをシミュレートしてくれるらしい。
実際やってみたところ無事ログイン画面が表示されました。


Synergy

Powered by ScribeFire.

|

DB2でのSQLファイル実行

何度も調べては忘れてしまうのでDB2でのSQLファイルの実行方法を、備忘録として記述しておきます。

対話モードに入らず下記をコマンドから実行する形になります。

db2 -f ファイル名(パス)

このままだとステートメントのデリミタが設定されていないため、-tをつけます。
-vはエコー。


db2 -tvf ファイル名(パス)

忘れたら、対話モードに入り(コマンドプロンプトなどで db2 とだけタイプ)
LIST COMMAND OPTIONS
と入力すれば、オプションが表示される。

以下のサイトが参考になりました。

DB2で外部ファイルに書かれたSQLを実行させるには - 狂言日誌

Powered by ScribeFire.

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »