« IEのレジストリを操作 | トップページ | Adobe AIR コンテストの授賞式に行ってきました »

FlashDevelpでAIR開発はじめました

師匠よりFlashDevelopというフリーのFlashIDEを教えていただきました。
ActionScript3でのFlex開発やAIR開発が可能で、コード補完やコンパイルなどが実施できます。

今回は、開発環境の構築までを備忘録として書いておきます。

1.FlexSDK3をダウンロードしインストール

Adobe Open Source


2.以下のサイトより最新版のFlashDevelopをGet!
FlashDevelop.org :: Index

3.日本語化したかったらこちらのサイトより日本語定義ファイルをDLしてローカルを上書き

 大変助かります。(・∀・)

はまりポイント!:この設定ファイルの上書きは、FlashDevelopをインストール後、初回起動前に実施しておいた方が楽です。これは初回ロード時にアカウント毎のアプリケーションディレクトリに設定をコピーするためです。

4.FlexSDKコンパイルオプションの変更(英語環境としてコンパイル)

 Flex3インストールディレクトリ\bin\jvm.config
 
    java.args=-Xmx384m -Dsun.io.useCanonCaches=false
        ↓
    java.args=-Xmx384m -Dsun.io.useCanonCaches=false -Duser.language=en


はまりポイント!:FlashDevelopは、英語版のみの提供となっているためせっかくFlexSDKが日本語でメッセージをはいてくれても、そのメッセージを解釈できず固まった状態になったります。詳しくはこちらのサイトを。



以上でFlexBuilderを購入しなくても簡単なFlex、AIRアプリケーションであれば作成できてしまいます。

#FlexBuilderもそんなに高くないので業務で利用するのであればFlexBuilderが良いとは思います。

|

« IEのレジストリを操作 | トップページ | Adobe AIR コンテストの授賞式に行ってきました »

Flex AIR」カテゴリの記事