Sambaを使ってファイルサーバー

お手軽ファイルサーバーといえば、Sambaというイメージはずっとありましたが、自宅ではわざわざFTPやSCPでファイルをUPしていました。自宅のサーバーは、Webサーバー、DBサーバー、APサーバー、SVNサーバーで利用していますがDBも特に領域を必要とする使い方をしていないので、ストレージが空き空きでした。
そこで、バックアップを兼ねて常に見ない画像やファイルをファイルサーバーに保存しようかと。

Sambaは、CentOS5インストール時に選択していたので既にインストールされていました。
設定は、以下のサイトを見て設定すればOK。

Sambaの基本設定

自分が実施した設定は以下。

1.ユーザーとパスワードの設定

  rootで
    #smbpasswd -a username

2./etc/samba/smb.confに以下設定を実施

workgroup = WORKGROUP
netbios name = FILESERVER
hosts allow = 127. 192.168.1.
load printers = no

3.smbサービスを再起動

   #/etc/init.d/smb restart

これで、Windowsのエクスプローラから\\servername\でアクセスできる。

|

IEでのRequestTimeoutの設定

IEでWebアプリケーションを開発していてブレイクポイントでスレッドを止めていたのに、中々ブラウザがリクエストタイムアウトしなかったので調査してみた。

どうやらIE6では、60分もレスポンスを待つらしい。

サーバーから 5 分以内に応答がないと、"接続がタイムアウトになりました" という Internet Explorer エラー メッセージが表示される

|

IMEで変換がおかしい!!?(候補が全然でなくなった)

下記サイトを参考にしたら直りました。
大変たすかりました。。

http://it.kndb.jp/entry/show/id/31


Powered by ScribeFire.

|

IE7ファイルダウンロードのループ

XPのIE7を利用してWebページよりファイルのダウンロードを実行すると、ファイルの保存
時に無限ループに陥るという現象が起きた。

原因は、これらしい
http://support.microsoft.com/kb/932823/ja

ところが、今日XPのIE7を利用して同様の処理を同じWebサイトから実施したが、
修正をしていなくても本現象が発生しなかった。

これは、WindowsUpdateで自動的に修正プログラムがインストールされたのか。。
それは、IE7のセキュリティUpdateでのことか、それともWindows側のUpdateで起きたのか、そこが知りたいところ。

|

ターミナルサービスのセッション設定

Windowsサーバーのリモート保守作業といえば、リモートデスクトップですが、
リモートデスクトップにてセッションを開いたままウィンドウを閉じるなどするとセッションは維持されたままとなり、定期的にサーバーをリブートするなどの処理が失敗する可能性が高い。
そこで、セッションのタイムアウトなど細かなセッション管理の方法を調査。

ファイル名で実行より、gpedit.mscを入力するとグループ・ポリシー・オブジェクト・エディタが起動します。そのエディタで、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[ターミナル サービス]-[セッション]の項目を編集することで、目的の設定が可能となる。

詳しくはこちらを参照。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/709rdptimeout/rdptimeout.html

|

Windowsのバージョンを調べる

Windowsのバージョンを調べる方法としては、マイコンピュータや、コントロールパネル>システムを開いて確認する方法をよく行いますが、コマンドから簡単に確認できるようです。

っていうか知らんの私だけだったのかな。

「コマンドプロンプト」や、「ファイル名を指定して実行」から

winver

と入力するだけ。
実に簡単で、早いです。。(下記URL参考)


Windows のバージョン確認方法

powered by performancing firefox


| | コメント (0)